IMG_7668.jpg

月の光、影、刺す空、瞳

月の光 影 刺す空 瞳 今 何を想う

もう会えない 距離に消えてった

あなたの日々を映し出してくれ

 

語るにはあまりに過ぎてしまった

遠い記憶 宿したまま古びた弦高

 

雲の間に隠れようとも 放つ光 分かつ 二人

いつも照らして居たんだと知れた

 

月の光 影 刺す空 瞳 今 何を想う

もう会えない距離に消えてった

あなたの熱を返して

停滞にとどめ刺す赤 霧はやがて消えていった

千の願い共に飲まれたって

それも構わないよって歌ってみせた

 

天照らす人にはなれはしないさ

近づければあなたを止められたのかい

 

雲は分厚く 二人を 別つ 放つ願い 溶ける 思い

それでも交わした言葉はあの日のままで

 

私は何度も泣いた その度喉が渇いた

まだ足りない まだ足りないよと

やがて誰も居なくなった

みんな居なくなってしまった

 

月の光 影 刺す空 瞳 今 何を想う

もう会えない距離に消えてった

あなたの熱を宿して

停滞にとどめ刺す赤 雲はやがて晴れていった

千の願い朝に消えたって

あなたがそこにいるから

まだ歌えるよ

photographer 稜 Twitter @bousou_vogt